い ろ な ぶ り

tsubaki rocka
<< 春 | main | おともだち >>
生活
mohuku.jpg

コンクリートを踏みつけながら
過ぎる事象総てに冷えた視線をくれて
指先一本 合わせることも忘れてしまった

二人の事が瑣末なことに変わってしまって
追われるように日々が過ぎる
見慣れたその背に触れることすら
何か大きな革命のようになってしまった

身体の消費が多過ぎて
二人で分ける心が足りない
暮らしの重みに潰れてしまって
心がどうにも動かない
| 椿六花 | イラスト | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://naburi.jugem.jp/trackback/102
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ 本館
+ PROFILE
+ twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ LINKS