い ろ な ぶ り

tsubaki rocka
<< 20120925 | main | 近況とタンブラー >>
241007



湿っぽい秋の早朝に思うのは
何時 何に如何にして終止符を打つかということ
終わりのどん詰まりの向こう側に始まりの日の出を夢見ていた

一個として生きるには棄て行くものが多くあり
そのひとつひとつが輝かしく見えるが
身軽な旅で傷ついて
泣き笑い 酒を飲むのも悪くないと
「その時は」思った

| 椿六花 | イラスト | 22:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/10/31 7:36 PM |









http://naburi.jugem.jp/trackback/144
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ 本館
+ PROFILE
+ twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ LINKS