い ろ な ぶ り

tsubaki rocka
<< 素今歩さんのブログに載せていただきました。 | main | 花一輪 >>
待ち人






広いせなかのあのひとは
強いうで 長いあし
暖かなむねと 熱いくちびる
こよいわたしを抱くでしょか

うぶな恋 いえ おとなのからだ
大事だいじと 触れずにいれば
とっておけないこの肌は
月夜のやみにほどけ散る

ねえ そしたら 貴方
深い闇夜のその内に
千切れたわたしを 探してね
幾千の星 みな かき集め
かわいいわたしを想ってね

いなくなったら困るでしょ
柔らかいはだ 小さなて
潤むひとみと 熱いくちびる
こころのありかへ触れてみて



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


しばらくぶりの更新になってしまいました。
この夏はなんだかとっても心の動く季節で、これからもうひと勝負あるのですが、
今は嵐の前の静けさ、ちょっと落ち着いている時です。

食べる、暮らすってどういうことだろう。
仕事ってなんだろう。
恋や愛ってなんだろう。
青年期らしい悩みに翻弄されて、失い、得て、また失い、今は少し落ち着きました。

捨てられるものを探していました。
脱がないといけないものが多いように感じていました。
将来への漠然とした不安、それもほんの些細なもの。でも気付けばそれが大きな
絶望となっていました。希望を無くして自暴自棄になっていました。
自分で決めることができなくなっていました。


ひとりで生きてはいなかったこと、とてもとても感じます。
一緒に生きることの嬉しさと楽しみを、心の底から感じます。



穏やかなわたしもいいかもしれません。





 
| 椿六花 | イラスト | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://naburi.jugem.jp/trackback/40
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ 本館
+ PROFILE
+ twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ LINKS