い ろ な ぶ り

tsubaki rocka
<< ススキ | main | 白紙の本 >>
令嬢
ブラウス.jpg

黒髪幻想

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久々の下北沢は、相変わらず活気に溢れた居心地の良い街でした。
月末から来月頭までちょっとイベントもあるみたいなので、そのころまた行けた
らいいなと思います。

わたしも人並みに美しいものが好きだし、優しいものやハッピーなものが大好き
です。周りの人が幸せなのが一番だし、優しい気持ちは宝です。
しかも、わたしは大変な怖がりです。

それでも、どうしても子供の頃から闇への憧憬が捨てられません。
暗いもの、闇の世界、心の裏側の表現は子供の頃からわたしを魅き付けて止まず、
怪奇、猟奇、おどろおどろしいもの、生々しいものは大変魅力的なものでした。

安直なストレス発散だったのかもしれませんが、ネガティブな世界は命の所在を
強く感じさせてくれるもののような気がして、それにすがったのかもしれません。

普段の自分とは全く別の世界、不必要な世界。でも、生きている限りいつも隣合
わせの世界。ほんの少しの揺れでグルンと入れ替わる可能性のある世界。
今はその危うさに魅かれているのかも。
なんとなく、心の休憩になっているような気もします。

闇を美しく昇華している人や作品を見るとドキドキします。
本来恐れの対象でしかないものをこんなに素敵に見せるなんて!と。
基本的には目を背けたい不快なものだから、とっても難しいことですよね。

憧れちゃうな。こまったな。
| 椿六花 | イラスト | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://naburi.jugem.jp/trackback/64
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ 本館
+ PROFILE
+ twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ LINKS